>  > 面接後に両親にOKをもらってキャバクラ勤め

面接後に両親にOKをもらってキャバクラ勤め

高校卒業後にキャバクラ働いていた頃、高校に通っていた友達が、いろいろな高い洋服を持っているのを見て、すごくうらやましがってたんです。その時の優越感が今でも働く動機になってます。キャバクラでは月に100万円くらいは稼いでいて、ホストクラブに行ったり、友達におごったりしていました。働き始めたきっかけは、自分が当時勤めていたアパレル店のブランド以外の洋服が着たかったのと、あとは妊娠しちゃって堕ろすためにお金が必要だったからです。キャバクラ勤めは親も公認です。しっかりやって良さそうなお店と確認済み。そして、働き終わってお母さんには働き始める時に店に連れて行っていかがわしくない雰囲気を見せたし、お父さんには店長に会ってもらって話をしてもらいました。アパレルのショップ店員を辞めた後、キャバクラで働きながら、派遣でテレホンアポインターや事務職をしていたんですけど、サークル活動をする時間と彼氏に会う時間が欲しくて、辞めちゃいました。将来は、平凡に生きたいです。今の彼氏と26歳くらいで結婚して、28歳くらいで子ども産みたいかな。キャバクラはいつまでもできる仕事じゃないし。今は、将来ずっとできる仕事を探しているんですけど、学歴が良くないから就職が難しいです。

[ 2016-12-23 ]

カテゴリ: キャバクラ体験談